2006年9月16日放送分

今週の路線 東武東上線
池袋から埼玉方面へ旅をします 池袋から埼玉県の寄居を結ぶ全38駅、75kmの路線。
住宅街が広がる板橋区を抜けると、
のどかな田園風景が広がっています。
小江戸で有名な川越など観光名所もあり、
ちょっとのんびり旅をしたい時にはぴったりの路線。
和光市駅から有楽町線とも接続しており、
都心へのアクセスも広がっています。
   
今週の旅人 小倉 久寛
いざ出発! 1954年10月26日生まれ。
独特の存在感で、舞台やバラエティ番組、
アニメ番組の声優や番組のナレーションまで
幅広く活躍中!
近日公演される
「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台では、
ヒップホップにも挑戦します!
森林公園で途中下車した小倉さん。
なんでも山の中に洞窟や露天風呂を作り、
飲食店も営んでいるとか・・・。
のどかな田んぼ道を歩いて行った先に
そのお店はありました。
ご主人が作った洞窟や露天風呂を見せてもらった後、
お食事をさせてもらいます。
秋の山の幸がたっぷりつまった味に大満足の小倉さん。
囲炉裏で焼いた「山女の塩焼き」。美味しそう〜!
海族鮮山忠
山の中に男のロマンを追及!
2,500坪ある山を買い、敷地にあった古い民家を改築して店をオープン。
ご主人は、体を動かして物を作ることが大好きで、楽しむためのものは何でも自分で作ってしまいます。
お店はもちろん手作り。
直径1メートル以上ある巨木を、クレーン車を使って組み上げたり、テーブルなども木を切りだして作ったりと、
もはや趣味の域を越えた腕前です。
洞窟掘りは半年かけて現在約100メートルまで掘りあげました。
ショベルカーに乗ってどこまで続いていくのか、わくわくしながら掘り続けるのが楽しくてたまらないのだそう。
露天風呂は現在建設中。
もともとこの場所には鉱泉が湧いているそうで、
お客さんに楽しんでもらえるようにと、せっせと作業を進めています。
その他にも、自ら作った池や野外ステージ、バリのログハウス、陶芸工房など、
この山の中にはあらゆる楽しみの空間が広がっています。
この場所がいろいろな人のふれあいの場になることをご主人は夢見ています。
料理は新鮮な魚貝類を使ったものや地元で採れた米・野菜を使った様々な味が楽しめます。
今の時期は地元の山で取れたきのこを竹の器で炊いたきのこご飯や、囲炉裏で焼いた「山女の塩焼き」など、
数々の秋の味がつまったコース料理がおすすめです。

洞窟ではコンサートも開催しています

囲炉裏で焼く山女の塩焼き

秋の山の幸セット
最寄駅 森林公園駅より徒歩40分
所番地 埼玉県比企郡滑川町福田3463−1
電話番号 0493−56−4706
特選情報
●おすすめ●
・秋の山の幸セット 1,900円
・海族鮮丼ぶり    1,000円

●ホームページ●
 http://www.kaizokusen.co.jp/